給与体系について

タクシーの模型

タクシー運転手の年収がどれぐらいになるのかということに大きく関わってくるのは、給与体系がどうなっているかということだと言えます。この職種の給与体系には、固定給与制と完全歩合制、そして基本給に歩合制をプラスしたものという3種類があります。まず「固定給与制」は、毎月の給与額が決まっているというもので、一般的なサラリーマンの給与の形に近いものです。そのため、仕事の出来に関わらず給与が安定していると言えますが、タクシーの場合はあまり多くない給与体系になります。次の「完全歩合制」は、売上が多いほど給与も多くなりますが、逆に売上が少ないと給与額が大幅に下がってしまうというリスクがあるのが特徴です。最後の「基本給に歩合制をプラスしたもの」は、上の2つを足して2で割ったような制度であり、タクシー会社が最も多く採用している給与体系になります。基本給の部分で最低限の給与を保証しつつ、頑張ればそれだけ収入を増やすこともできるという特徴があると言えるでしょう。こうした給与体系は会社によって違いがあるため、タクシー会社を選ぶときは給与体系がどうなっているのかということも重要なチェックポイントになります。ですのでより多い収入を望む場合は歩合制を含んだ給与体系のところがよいと言えますし、逆に安定した収入のほうがいいという場合であれば、数は少ないですが固定給与制のところを選ぶとよいでしょう。

地域による差について

タクシー乗り場

タクシー運転手の年収は実際にどれぐらいになるのかというと、全国平均でみると350万円程度になります。サラリーマンの平均年収が400万円程度だと言われているため、それと比べると若干低い水準にあると言えるでしょう。しかしこれはあくまでも全国平均であり、大都市では平均が400万円を超えるところもあるのです。そのため、働く地域によっては年収が100万円程度も違う場合があるので、より多く稼ぎたい場合は地方ではなく大都市で就職するという選択肢もあるでしょう。

個人による差も大きい

タクシーの模型

タクシー運転手というのは、歩合制が含まれている給与体系の会社で働くことが多いため、個人の働き方によっても年収に大きな違いが出やすい職業だと言えます。ですので、平均以下の200万円程度しか稼げないという人もいれば、800万円以上(平均的なサラリーマンの倍近く)稼ぎだす人もいるのです。歩合制の場合は個人の工夫や努力によって多く稼げる可能性があるため、その意味では固定給のサラリーマンより年収を増やすこともできるということが言えるでしょう。